kt年月

指定した「日付」の月に対する『年月』を"yyyymm"の6文字で返します。

『#VALUE!』

【 構 文 】

kt年月( 日付, [シフト月] )

返却値 ‥‥‥ Variant 型
日  付 ‥‥‥ Variant 型
シフト月 ‥‥‥ Integer 型(省略可、既定値:0、マイナス可)

【 返 却 値 】

「日付」の「シフト月(省略時:0)」だけ前後した日付の『年月』を”yyyymm”(6文字固定)
の文字列で返します(日付以外を指定した場合はエラー値(#VALUE!)が返ります)。

【 解 説 】

2つの日付の「年月」を比較する場合にコードを簡略化する為の関数です。

「シフト月」で「日付」の前後の月も指定できます。
[Variant]で受けているのでテキストボックス等の【日付文字列】でもOKです。
日付以外を指定した場合はエラー値(#VALUE!)が返ります。

【 使 用 例 】

日付1は日付2の前月か?
If (kt年月(日付1) = kt年月(日付2, -1)) Then
    ‥‥‥

kt年月を使わない場合
If (Year(日付1) = Year(DateAdd("m", -1, 日付2))) And _
    (Month(日付1) = Month(DateAdd("m", -1, 日付2))) Then
    ‥‥‥
または
If (Format(日付1, "yyyymm") = Format(DateAdd("m", -1, 日付2), "yyyymm")) Then
    ‥‥‥


Home  kt関数 Top  kt関数 Ref  Back Page  Next Page


角田 桂一 Mail:addinbox@h4.dion.ne.jp CopyRight(C) 2001 Allrights Reserved.