§5-7  kt関数メニュー : 祝日一覧の表示

指定した 「年」 の全ての祝日を表示するツールです。

表示された『祝日』はワークシート上に出力することもできます。

分析ツール【WORKDAY,NETWORKDAYS 】に指定する『祭日』データとして利用して
ください(関数に指定するのは[日付]の1列だけです。曜日/祝日名の列まで指定すると
関数はエラーになります)。

2016年施行の「山の日」は Ver 4.00 にてサポートします。

『西暦年』を入力して『祝日表示』ボタンをクリックすると、リストボックスにその年の【祝日一覧】が
表示されます。その後、出力セル位置を指定して『作成』ボタンをクリックすると、アクティブシート
に下図のように出力されます。



1. 年(西暦) を入力して 「祝日表示」 ボタン を クリック すると、その年の祝日が表示されます。

2. [ 年始 (1/2〜1/3) ] [ 年末 (12/29〜12/31) ] [ 大晦日 (12/31) ] に チェック を入れると、
    その日付も一緒に展開されます。

3. 「シート出力」 ボタン を クリック すると、ActiveCell を基点にして祝日一覧を書き出します。
    マウスパッド 内 で [ Shift ] キーを押しながらマウスを動かすと、その方向に ActiveCell が
    動きます。


下記のサブルーチンで、同じ出力を得ることができます。

Sub 祝日一覧(ByVal 対象年 As Integer)
Dim str祝日名 As String
Dim MyDate As Date
Dim LastDate As Date
Dim i As Integer

  MyDate = DateSerial(対象年, 1, 1)
  LastDate = DateSerial(対象年, 12, 31)
  i = 0
  Do
    str祝日名 = kt祝日名取得(MyDate)
    If (str祝日名 <> "") Then
      i = i + 1
      With ActiveSheet
        .Cells(i, 1).Value = Format(MyDate, "yyyy/m/d")
        .Cells(i, 2).Value = Format(MyDate, "(aaa)")
        .Cells(i, 3).Value = str祝日名
      End With
    End If
    MyDate = DateAdd("d", 1, MyDate)
    Loop Until (MyDate >= LastDate)
End Sub


Home  kt関数 Top  kt関数 Ref  Back Page  Next Page


角田 桂一 Mail:addinbox@h4.dion.ne.jp CopyRight(C) 2001 Allrights Reserved.