kt営業日数

2つの日付間の『営業日数』を計算します。
分析ツールの「NETWORKDAYS」に相当します。
『#VALUE!』

【 構 文 】

kt営業日数( 休日Map, 日付1, 日付2, [休業日数] )

返却値 ‥‥‥ Variant(Integer) 型
休日Map ‥‥‥ String 型
日付1/2 ‥‥‥ Date 型
休業日数 ‥‥‥ Boolean 型(省略可、既定値:False ) 

【 返 却 値 】

〔日付1>日付2〕の場合はマイナスの値になります。
〔日付2=日付1〕          の結果は(日付1が休業日の場合は
〔日付2=日付1の翌営〕の結果は(日付1が休業日の場合は
〔日付2=日付1の前営〕の結果は−2(日付1が休業日の場合は−1)になります。

休業日数」に【True 】を指定した場合は、営業日数の代わりに休業日数を返します
休業日数とは2日付間の『暦日日数−営業日数』です。省略もしくは【False 】を指定
した場合は、従来通りに「営業日数」を返します。

『休日Map』に休日Mapデータを指定した場合で、
『日付1/2』が、その期間外の場合には[#VALUE!]を返します。

【 パラメータ 内容 】

休日Map ‥‥‥ ここをクリック
 
日付1/2 ‥‥‥ 営業日数を求める期間の開始/終了日付を指定します。
 
休業日数 ‥‥‥ 営業日数を求める場合は「省略もしくはFalse 」
休業日数を求める場合は「True 」
 

Home  kt関数 Top  kt関数 Ref  Back Page  Next Page


角田 桂一 Mail:addinbox@h4.dion.ne.jp CopyRight(C) 2001 Allrights Reserved.